カフェトーク第10回「フィンランドの美しい光のなかで」で紹介された書籍。

「もしも今いるのではない何処かにいたいとしたならば、これがその場所」(カイ・ニエミネン)の言葉で始まる、かくたみほさんの世界。夏も冬もそれぞれが美しく、フィンランドの美しい光がいつも心地よい。そんなかくたさんの気持ちが感じられる素敵な1冊です。

2018年刊、求龍堂

22cm x 19.5cm

 

かくたみほ写真集「光の粒子」

SKU: 3
¥3,300価格